博多の街は山笠一色です!

7月に入り、今年も山笠が始まりました。今年からは、敬愛園の職員からも2名山笠に参加する事となり、博多ならではの夏を楽しみつつ、地域貢献にますます力を入れているところです。

先日12日には、“他流舁き”という行事が行われており、アットホーム福岡のすぐ近くを山が通りました。例年だとまだ梅雨の時期でなかなか外に出向くことが出来なかったのですが、今年は、早い梅雨明けのおかげで初めて入居者様をお連れして、山が走るところを見に行く事ができました。

「流舁き」は自分の流域への披露を込めて舁く行事ですが、「他流舁き」は自分の流域外に出て他の流の流域に舁き入れます。これは、お互いに敬意を表す「陣中見舞い」的な意味合いが込められた行事だそうです。

まずは山小屋近くの千代森神社にお参り。

まだかまだかと待っていると…「山がくるぞ~!!」と先走り隊の掛け声を合図に、まずはぞろぞろとたくさんの子供たちが大人に負けないくらい立派な山男姿で掛けてきた後、いよいよ山の登場!!物凄い速さと迫力で圧倒されてしまい、あっというまの山笠見物でしたが、博多の伝統にふれることができ皆様とても興奮されて喜んでいました。

 

一緒に見ていた地域の方によると、山笠が通るときの“山風”に吹かれるといいことがあるそうです。今年の夏は、山笠にパワーをもらってアットホーム福岡にもいい風が吹きますように…。最後に、終始私たちと一緒に山笠見物をしていた博多猫もパシャリ☆