新着情報(ケアスタ福岡)

2019 .12.4

ケアスタ福岡

干し柿作り(グループホーム)

 

ある日の夕方、何人かの入居者様とニュースを見ていると干し柿づくりの映像が流れていました。

 

それを見るなり一人の入居者様が「食べたいね~」と言われると、「もうすぐお正月ね~」「昔はよく干し柿作ったね」と、

皆さん口々に話し始めらました。

 

その様子を見ていた職員から、「皆で干し柿作りましょうか?」と提案すると、

「よっしゃ、作ったる!」「嬉しい!」「いいね!」と声が上がり、干し柿を作ることとなりました。

 

当日、「こういうの大好きやからな、なんぼでも作るで」と言われる方あり、

「昔作ったような気もするけどできるかな?」と器用に包丁を動かされる方あり、

「お父さん、お母さんを思い出した」と言われて涙ぐむ方あり、

それを見てもらい泣きする職員あり。

 

とても賑やかな時間となりました。

 

 

ベランダに吊るした干し柿は、カラスが取っていくのではないかと居室の窓から見張りをする方が現れたり、

「いつ出来上がるの?」と職員に尋ねられたり、日々お茶の間の話題に上っています。

 

 

 

美味しい干し柿と一緒に、良い年が迎えられそうです。