新着情報(アットホーム福岡)

2020 .11.3

アットホーム福岡

職員インタビュー Vol.3

 

第3回目の今回は、アットホーム福岡を開設時からずっと支えてくれている、海のような広い心の持ち主!!

機能訓練指導員の船田武志さんへインタビューしました!

 

○機能訓練指導員とはどんなお仕事ですか?

この職種は、1人に対しご入居者100人いらっしゃるので、介護職員が生活の中で訓練を実施していくことを想定し、「指導員」という言葉がついています。

ご入居者が介護を受ける生活の中であっても、どういう動作や訓練ができるかを考えています。ただし時間の許す限り、できるだけ直接対応したいと考えており、実際直接関わることで、ご入居者にやる気や意欲が見られるととても嬉しく思います。最も苦労したのは施設開設後の1年間。勝手が分からずとにかく大変でした。

あの頃には2度と戻りたくない(笑)。

 

○仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

ひとことで言えば「モチベーション」の維持です。

モチベーションを維持していくには、「給料」とか「やりがい」とか色んな要素がありますが、「人から感謝されること」が一番だと思います。介護の仕事は、人から感謝される場面が多く、そういう場面をより多くしていけるような対応を心掛けています。

でも実際は上手くいかないことも多く、そんな時は「良い時もあれば、悪い時もあるさ。」とひたすら自分で自分を励まします(笑)。

 

○お休みの日は何をしていますか?ストレス発散法は?

休みの日は家族で出かけることが多いです。

糸島が近いので、そっち方面に行くことが多く、季節に応じて山や海等に行きます。

ありがたいことにそれがストレス発散にもなっています。(逆に、ストレスの原因となることもたまに…あることも事実)。

今は、コロナの影響があるため状況を見ながらなので、とても窮屈に感じます。

あとは、フットサルをするのが、ストレス発散。これもコロナでしばらくお休み中。このまま引退かもしれない(泣)。