新着情報(アットホーム諸岡)

2020 .10.29

アットホーム諸岡

内部研修「看取りケア」

 

10/22(木)に、毎月1回行っている内部研修を実施しました。

今回のテーマは「看取りケア」についてです。

 

まずは、看取りケアの基本的な考え方や、身体的にどのような経過を辿って最期を迎え、その際の観察ポイントなどを座学にて復習しました。

核家族化が進み、「死」に直面したことがない職員も増えてきており、事前に看取りのイメージを膨らませておくことで、適切なケアの提供につなげていくことは非常に大事なことです。

 

 

 

 

 

これまで長きにわたり人生を歩んでこられた入居者様の人生最期に携われることは、とても光栄なことでもあり、そして「終わり良ければ総て良し」というように、最期の最期まで、本人らしく送り出したいという思いで、エンゼルケアの際の身だしなみの整え方を中心に実技を行いました。

 

実技の内容は、浴衣の前後の確認。

 

 

 

 

次にメイク技術の実践です。

アットホーム諸岡では、スタッフの男女比率が半々程度のため、普段しないメイクを苦手とする男性スタッフにフォーカスし、メイクの技術を女性スタッフから学びました。

 

 

 

 

男性スタッフ一同、真剣な表情をして、慣れない手つきでメイクを行っています。

 

 

 

 

 

 

仕上がりはいかがでしょうか?

入居者様の最期に、心を込めたメイクができるよう、実技を通じてメイクを学びました。

 

 

 

今後も、さまざまなテーマで、実践を交えた内部研修を通し、ケアの質の向上に努めて参ります。